包茎治療

日本人に多い仮性包茎と違って、悩まずに手術を受けて欲しいのが真性包茎とカントン包茎の場合です。

包茎手術を受けようとした時には保険が適用されるかどうかは費用的にも大きく違うので知っておきたいですね。

病院に行ってから聞くのは恥ずかしいですが、保険適用できるものもあるので念のため電話などで確かめておけばいいでしょう。

国内では真性包茎とカントン包茎で健康保険が適用されると聞いています。

治すべき症状であることの裏返しとも言えますね。

真性包茎とカントン包茎を放置するとろくなことはなく、他の病気にもかかりやすくなると言われています。

包茎はどうでもいいものではなく、しっかりと治療すべきものという認識をもちましょう。

保険適用になれば、自己負担するのは多くても3万円くらいと言われているのでお財布的にもいいですね。

ちなみに仮性包茎で手術したい場合には美容整形のような位置づけになるので、全額自己負担になり、費用は10万円以上かかるケースが多いです。

例えば、包茎治療で有名な上野クリニックですと7万円台~と、クリニックによって金額は違いますのでいろいろ探してみるといいでしょう。
※東京イセアクリニックの料金表は公式サイトでご確認ください。

何回も受けるものではないので、包茎手術を受ける前に手術の進め方や内容、かかる費用に関してすべて確認しておく必要があります。